アルツハイ

アルツハイマー病の原因はストレス!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結論から申し上げますが、アルツハイマー病のもっとも大きな要因は「ストレス」だと考えています。

以前、福岡大学病院に協力してもらい、同病院の「物忘れ外来」を受診した85人に対して、日頃のストレスの有無についてアンケート調査をしたことがあります。その結果、アルツハイマー病と診断されなかった人では、日頃からストレスを感じていた人が22%だったのに対して、アルツハイマー病と診断された患者さんでは73%が何らかのストレスを感じていたことがわかりました。ストレスを受けると、脳はどのように変化するのでしょうか。私たちの体は自律神経という末梢神経の働きによりコントロールされています。自律神経は、体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、休息時に体の働きを支配している副交感神経に分かれていて、ストレスを受けると交感神経が優位に働きます。そして、交感神経が優位になると、脳内ではホモシステイン酸が大量に生産されるのです。

 

 

ストレスはホモシステイン酸の大好物

私たちがストレスを受けると、全身の働きを支配している自律神経が、交感神経優位の状態に切り替わります。同時に、アドレナリンという神経伝達物質が活発に分泌されます。アドレナリンは、「闘争か逃走かのホルモン」と呼ばれ、動物が敵から身を守る、あるいは獲物を捕食する必要にせまられるなどといった状態に相当するストレス応答を全身の器官に引き起こします。アドレナリンが分泌されると、脳内ではこのホルモンの作用を受けた神経系統の働きが活性化します。そして、通常は脳の神経組織の形態維持や神経伝達物質の輸送など、大切な役割を担っているアストロサイトと呼ばれる神経細胞から、ホモシステイン酸がさかんにつくられるようになるのです。

 

Elder care nurse playing jigsaw puzzle with senior woman in nursing home

 

ここで思い出してほしいのが、アミロイド仮説です。アミロイド仮説は、脳の神経細胞周辺にアミロイドβというタンパク質の塊である老人斑が増えることで、アルツハイマー病が発症するという仮説であり、これまでのアルツハイマー病研究の主流となっているとお話ししました。しかし、老人斑があっても必ずしも認知機能障害が起こるわけではありません。そもそも、アミロイドβからなる老人斑は脳の神経細胞の外側に蓄積していますから、この状態では、脳の神経細胞にほとんど影響はないのです。ところが、ストレスを受けてホモシステイン酸がさかんにつくられるようになると、一変します。実は、ホモシステイン酸には、アミロイドβを脳の神経細胞内に送り込む作用があるため、ホモシステイン酸の濃度が高くなるにつれ、神経細胞内のアミロイドβの量がどんどん増えていくのです。そして、脳の神経細胞内に入り込んだアミロイドβは、同じ細胞内にあるタウタンパク質と結びついて固まってしまいます。この状態になると脳の神経細胞内でおこなわれる物質の行き来が遮断され、細胞が正常に機能しなくなり、最終的に多くの神経細胞が死んでしまい、脳が萎縮してアルツハイマー病を発症させるのです。ストレスを受けた人の脳内では、ホモシステイン酸が増加し続け、神経細胞に障害が起きているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。