アルツハイ

認知症といっても症状や発症によって様々なタイプがある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

老年性アルツハイマーと若年性アルツハイマーについて

一般のアルツハイマー病(老年性のアルツハイマー病)は 65 歳以上で発症するものを指しますが、若年性アルツハイマー病は 65 歳未満で発症するアルツハイマー病です。老年性のアルツハイマー病は、海馬の萎縮で記憶がなくなるのが主な症状です。

が、若年性アルツハイマー病は脳の連合野と呼ばれる領域の障害から始まって、だんだん前に進んで前頭野が壊れていくという経過をたどり、人格障害が起こります。

初期では、頭痛やめまい、不眠があらわれ、不安感や自発性の低下、抑うつ状態などもみられます。また、発症すると自己中心的になったり、頑固になったり、他人への配慮がなくなります。初めは「あれ、何だっけ?」という一時的な物忘れから始まりますが、やがて進行していくと、会議の予定や約束を忘れたり、同僚の名前や取引先の場所がわからなくなったりするため、仕事を続けることもできなくなってしまいます。

最終的には、家族の顔や名前、自分自身のことすらわからなくなり、意欲や体の機能も低下して、歩くこともままならなくなります。老年性より発症率は低いですが、発症すると進行が早く、症状も重く出るのが特徴です。

 男性に多いレビー小体型認知症

 レビー小体型認知症はアルツハイマー型認知症に次いで多い認知症で、アルツハイマー型が女性の発症率が高いのに比べレビー小体型は男性のほうが多く、女性の2倍といわれています。

レビー小体というのは、神経細胞にできる特殊なタンパク質で、このタンパク質の塊が脳の大脳皮質や脳幹に出現して起こるのがレビー小体型認知症です。

記憶障害や、理解力、判断力の低下などアルツハイマー病に似ている症状があらわれますが、初期から中期にかけては、記憶障害はあまり目立ちません。むしろ視覚的に物事をとらえることが難しくなり、図形描写の障害が多くみられます。さらに、実際には存在していない子どもや小動物、虫などが見える幻視があらわれることもしばしばで、特に暗くなると症状が出やすくなります。これは視覚をつかさどっている後頭葉と呼ばれる部分に病変が出るため、異常が起こるものです。

手が震える、動作が緩慢になる、筋肉がこわばる、体のバランスをとることが難しくなる、などのパーキンソン病と似た症状があらわれることも大きな特徴です。また、アルツハイマー型は徐々に症状が進行しますが、レビー小体型は頭がはっきりした調子のいいときと、ボーッとしている状態を繰り返しながら進行するため、周りの人は「本当はちゃんとできるのに、怠惰なだけではないか」と思ったり、その結果無理をさせてしまったりすることがあります。ほかにも就寝中に怒鳴ったり、暴れたりするレム睡眠行動障害、うつ症状、自律神経症状、失神など、特徴的なさまざまな症状が出てきます。

 パーキンソン病が引き起こす認知症

 私たちが体を動かそうとすると、脳の大脳皮質から全身の筋肉に、運動の指令が伝わります。このとき思い通りに体が動くように指令を伝達しているのが、神経伝達物質のドーパミンです。パーキンソン病は、このドーパミンが異常に減少することで起こる病気です。

ドーパミンは、脳の奥の黒質という部分にあるドーパミン神経でつくられていますが、パーキンソン病になると、このドーパミン神経が減少し、ドーパミンが十分につくられなくなるのです。このため、運動機能に障害が出るなど、パーキンソン病特有の症状が出ると考えられています。また、パーキンソン病では、レビー小体が脳幹に出てくることも知られています。

主なパーキンソン病の症状は、

運動症状…………動作が緩慢になる、筋肉がこわばる、手足が震える、姿勢反射障害(転倒しやすくなる)、嚥下障害

非運動障害………便秘、多汗、排尿障害などの自律神経障害、うつ症状、認知障害などの精神障害

症状の最初は、片方の手の震えや歩きづらさが多く、前かがみで小刻みに歩くようになります。発症は 50 歳を過ぎた頃から多くなり、 50 代後半から 60 代がピークを示します。症状は体の片側から始まりますが、進行するに従ってゆっくりと両側に至り、次第に体のバランスがとれなくなって、介助が必要となってきます。

初期には認知症は見られませんが、後期になると認知症を発症することが少なくありません。

 性格や言動が変わってしまう前頭側頭型認知症

 前頭側頭型認知症は、若い人でも発症する認知症で、大脳の前にある前頭葉と横にある側頭葉が、萎縮することで起こります。

前頭葉は思考や創造性を担う脳の中枢で、社会性や理性をつかさどっているため、この働きに障害が発生すると問題を解く、計画を立てて行動する、といった能力を失います。また複雑な動作を正しい順序でおこなう、言葉を話すといった機能に障害が発生すると、集中力がなくなり流暢に話せなくなる、質問に対し無関心・無頓着になり反応が遅くなる、あるいは社会的に不適切な行動や、自制心を欠いた行動をとることもあります。

一方、側頭葉は、言語の理解、記憶や物事の判断、感情の制御、聴覚をつかさどっている部分で、異常が生じると音や形の記憶を障害する傾向や、言葉の記憶や言語の理解能力を障害することがあります。しかし、初期では物忘れなどの記憶障害はあらわれにくく、この点がアルツハイマー型との大きな違いです。

前頭側頭型認知症の具体的な症状としては、

・服装などが派手になって、やたらと買い物をする

・逆に、着るものや身だしなみに無頓着になり、不潔でも平気でいる

・抑制が欠如し、遠慮がなくなる

・暴力行為や悪ふざけをするようになる

・同じ動作や行動を繰り返すようになる

・状況とは関係なく、同じフレーズを繰り返しいう(例えば、手を洗っていない

のに「手を洗っているからね」というフレーズを繰り返しいう)

・何かに関するこだわりが異常に強くなる

・感情が鈍くなり、他人に共感することや感情移入ができなくなる

・悪気なく、他人の物をとったり、食べたりする

・言葉の意味、特に物の名前の意味することがわからなくなる(例えば、時計を

指して「これは何か?」と尋ねても答えられず、「時計か?」と確認してもわからないが、「今何時?」と聞くと時間を教えてくれる)

などがあげられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。