アルツハイ

世界は急増するアルツハイマー病とどう向き合うか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Confused Senior Man With Dementia Looking At Wall Calendar

認知症と医療費コスト

高齢化社会を迎えるにつれアルツハイマー病患者が急増しているのは皆さんもご存じのことと思います。

認知症にはいろいろな種類がありますが、日本で多くの問題を抱えているのは、アツハイマー型認知症と血管性認知症だと考えます。特にアルツハイマー型認知症、わが国でもっとも多く、かつ恐れられている認知症です。認知症の増加は世界的な傾向にあり、国際アルツハイマー病協会(ADI)が2015年9月に発表した「世界アルツハイマー病レポート2015」によると、現在、世界で年間に990万人が認知症を発症しており、これは3.2秒にひとりが発症している計算です。また、世界の認知症人口は、2015年は4680万人と推定されいますが、2030年までに7470万人に増加し、2050年までに1億315万人に増加すると予測されています。これに比例して、世界の認知症の医療コストは、2015年は98兆円(8180億ドル)、2018年までに120兆円(1兆ドル)、2030年までに240兆円(2兆ドル)を超えると推定されていて、これはアップル、グーグル、エクソンモービルどの巨大企業の収益よりも多い規模ということです。

 

長寿の国とはどういうことか

認知症患者が増えている原因のひとつは、「長寿」と考えられます。特に先進国で平均寿命が長く、日本を例にすると2015年の平均寿命は、男性が80.79歳、女性が87.05歳(2016年7月厚生労働省発表の簡易生命表の概況より)、戦後まもなくの1947年には男性50.06歳、女性53.96歳でしたから、この70年間で30歳余り寿命が延びたことになります。少し乱暴ですが、昔は、多くの方が認知症を発症する前に天寿をまっとうされたということです。認知症の中でアルツハイマー病がもっとも多い原因のひとつに、効果的な治療法や予防法が、これまでなかったということがあげられます。アルツハイマー病は、運動、睡眠、メンタルケアなどの生活習慣の改善で、ある程度、予防できることがわかってきましたし、新たな治療薬の開発も進められています。しかし、医療進歩の恩恵を受けやすい先進国でも、アルツハイマー病が減っているという報告はないのです。アルツハイマー病は、軽度の記憶障害から症状が進み、時折、症状が軽くなり、記憶がよみがえることもありますが、次第に日常的な動作ができなくなり、進行するにつれて話したり、歩いたりすることも困難になります。そして、寝たきりになって、肺炎などの合併症を起こせば、最後は死に至ります。発症からの生存期間は、多くの場合8~10年といわれています。

「アルツハイマー病」の由来

ちなみに、「アルツハイマー病」という名前は、ドイツの精神科医アロイス・アルツハイマー博士にちなんで命名されたものです。1901年、アルツハイマー博士は進行性認知症のアウグステ・データーという女性を診察しました。原因は不明で発症は46 歳のとき。主な症状は夫に対する強い嫉妬に妄想、老化促進と記憶力の低下でした。彼女は、その後どんどん症状が進行し、最後は認知能力をほとんど失くして、寝たきり状態となり10年後、56歳で亡くなりました。

彼女の死後、脳を解剖したアルツハイマー博士は、脳の異常な萎縮と、老人斑と呼ばれる無数の異常な凝集体を発見しました。この症例を1906年に学会で発表したことにより、アルツハイマー病の名前が生まれたのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。