原因

60歳からでも脳は若返ります。その理由とは・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんに脳の構造を少しだけ説明しておきたいと思います。

脳は、大脳、小脳、脳幹の3つに分けられ、人間では大脳が特に大きく発達し、脳全体の約8割を占めていて、司令塔のような働きをしています。

そして、この大脳の表面は、大脳皮質という脳神経細胞が集まった薄い層に覆われていて、新しい皮質(大脳新皮質)と古い皮質で構成されています。古い皮質は、食欲や性欲などの本能的な欲求や、恐怖や怒りなどの情動の中枢があるとされ、一方、新皮質は、動物が高等になるにしたがって出現してきた部分で、約140億個の神経細胞が集まり、記憶や知能、精神作用などを営みます。人間では9割以上がこの新皮質で、これこそが人間らしさの源ということができます。また、大脳新皮質は、前頭葉、頭頂葉、側頭葉、後頭葉の4つの領域に分けられ、前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野の3つの連合野を構成して、高次脳をつかさどっています。すなわち、

・前頭葉は、思考、判断、感情、意欲、運動機能

・頭頂葉は、空間認識、皮膚感覚

・側頭葉は、聴覚情報

・後頭葉は、視覚情報

をつかさどり、また、

・前頭連合野では、知識、判断、行動、人格

・側頭連合野では、視覚刺激に基づく記憶

・頭頂連合野では、自分がどのような空間的位置にあるのかをそれぞれ認識する機能を持っています。

Human brain research and memory loss as symbol of alzheimer’s concept with missing pieces of the puzzle

そして、それぞれの機能が統合され、人間独特の認知行動が生み出されます。

さて、脳を構成する主役は神経細胞(脳神経細胞)です。神経細胞の成長は、20代にピークを迎え、その後は加齢に伴って死滅の一途をたどり、60歳を過ぎるとそのスピードは急速に上がります。

その一方で、大人になってからも、外界の刺激によってシナプス数が変化することが報告されています。つまり神経細胞内ではシナプスがつくられ、60歳からでも努力次第で増やすことが可能なのです。

シナプスというのは、「神経細胞と神経細胞のつなぎ目」のことで、このシナプスの活動が脳の機能を反映しているといえます。ちなみに、脳の話の中に、よく神経伝達物質という言葉が出てきますが、この神経伝達物質というのはいわば情報の伝令役で、シナプスだけでは神経細胞間の情報を橋渡しすることはできません。また、当然のことながら、シナプスの数が減少し、働きが悪くなると、脳は正常に機能しません。ですから、認知機能を改善するためには、基本的にはシナプス伝達を促進させることが必要ということになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。