ホモシステ

アルツハイマー病の真因は「ホモシステイン酸」というアミノ酸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

突然ですが、2016年 11 月、アメリカの製薬会社イーライリリー・アンド・カンパニーは、開発中のアルツハイマー型認知症の治療薬に、有意な進行抑制がなかったとする臨床結果と、薬の承認申請はおこなわないという衝撃的な発表をしました。

これはアルツハイマー病が治らないのはもちろん、治療薬の開発の失敗は、医師や研究者たちが「アミロイド仮説」を信奉しすぎていた結果です。

実は今、このアミロイド仮説そのものに疑問が呈されているのです。

Close-up of young doctors analyzing brain MRI

例えば、アルツハイマー病の原因候補として考えられているもののひとつに、細胞を構成する一成分である「ミトコンドリア」の機能障害があります。ミトコンドリアが健康な状態であれば、毒性が強く老化やさまざまな病気を引き起こす原因となる活性酸素を中和し、その被害を食い止めます。しかし加齢などで中和の働きが衰えると、活性酸素は増加し、体内を酸化させ老化を早めたり、パーキンソン病などの難病を引き起こす原因となったりするのです。このミトコンドリアの修復・再生には抗酸化力を発揮するケイ素が効果的といわれています。

そのような事実を踏まえ、長年の認知症研究の権威である医学博士 佐賀女子短期大学 名誉教授の長谷川先生は、アルツハイマー病の真因は「ホモシステイン酸」というアミノ酸であることを証明しました。ホモシステイン酸はストレスと密接に関係し、ストレスによるホモシステイン酸の増加が長期化することで脳神経細胞が変性し、アルツハイマー病を引き起こすという説です。そのため、ホモシステイン酸を体内から減らすことがアルツハイマー病の根本治療につながると考えられます。ホモシステイン酸を減らす方法について、長谷川先生は自身で研究された食品(栄養素)で、すでに大きな成果をあげています。

この食品は「HBF(水素頭脳食)と名づけていますが、この研究成果に基づく食事で、家庭でもホモシステイン酸に対する予防や改善が期待できます。また、ケイ素やHBFは商品化されていますから、手軽に摂取したいときはサプリメントを取り入れるのもひとつの方法です。認知症の早期発見に脳PET検査がもっとも有効ですが、不幸にも認知症と診断された際、あるいはMCIの時期に薬に頼るのではなく、食品の摂取で発症を抑制することもじゅうぶん可能だと思いますし、逆にMCIと診断されたときこそ、ホモシステイン酸の抑制に効果的な食品を摂取すべきだと思っています。

最強の予防策はホモシステイン酸の抑制

遺伝子検査などで家族性アルツハイマー病の遺伝子情報があるとわかっている人にも、ホモシステイン酸を減らす食品を積極的に摂ってほしいと思います。家族性アルツハイマー病は、変異した遺伝子を持っていることで起こり、この変異した遺伝子は、子孫にも受け継がれます。そのため家族や親族に家族性アルツハイマー病の人がいると、遺伝する確率が高くなります。

映画「アリスのままで」

 

ところで、みなさんは「アリスのままで」(2014年公開)という映画をご存知でしょうか。(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%BE%E3%81%A7)

同名小説を原作としたアメリカの映画で、主演のジュリアン・ムーアが第 87 回アカデミー賞・主演女優賞を受賞した作品です。ジュリアン・ムーア演じる言語学者のアリスを突然襲ったのは若年性アルツハイマー病。しかも遺伝性(家族性)のものでした。アリスは、そのことを3人の子どもたちに告白し、数日後の遺伝子検査で長女のアナは陽性、長男のトムは陰性であることがわかりました。でも次女のリディアは検査を拒否しました。家族性アルツハイマー病を早期発見するには、遺伝子診断をするのがいちばん正確な方法ですが、検査に踏み切るには相当な覚悟が必要です。なぜなら、検査を受けて陽性と出ても、いつ発症するかわからない、何をどう予防したらいいかもわからない、というのが現状だからです。知って恐怖を抱きながら生きていくより知らないほうがまし。多くの方はそう思うのではないでしょうか。映画の中のアナは人工授精を控えていました。「検査もできるし、赤ちゃんは大丈夫」と気丈に振る舞ってはいるのですが、その声は震えていました。遺伝子検査で発症の可能性が高いとわかっても、結局何も打つ手がないというのであれば、検査を拒否するリディアの気持ちのほうが、よく理解できます。しかし予防の方法があるとしたら、話はまったく変わってきます。遺伝子検査など、怖くなくなるはずです。

昨今、血液中のホモシステイン酸を測定すれば、簡単に認知症のリスクを予測できる方法が開発されています。万が一、検査でアルツハイマー病の原因遺伝子を持っていることがわかったとしても、ホモシステイン酸を抑制すれば、発症は回避できるのです。つまり、早めに知ることで、早めに手が打てるということです。アルツハイマー病を扱った映画はこれまでにたくさんあり、なかには病気のとらえ方が「いまひとつ」というものも少なくありませんでしたが、この映画は専門医が製作に携わり、ほぼ正確に病気の症状や進行状況が描かれていて、感心させられました。ブログをご覧の皆さんも一度見て頂ければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。