悩み

「ボケたくない!」ならば行動を起こそう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 誰もが認知症にはなりたくないと思っています。しかし、いくら気をつけていても、65歳以上の4人に1人が認知症およびMCI(軽度認知障害)になる時代です。「絶対に自分だけは大丈夫」などといっている場合ではないのです。

 

これからは「攻めの認知症予防」が必要になってくるわけです。

 

一般的に、病気の予防というと、病気のリスクを避ける、リスクをゼロに近づけることだと考えるかもしれませんが、それは、守りの予防医療です。誤解を恐れずにあえていいますが、いろいろな「ボケ防止法」を行っても、認知症になるときはなります。抗酸化食品をたくさん摂って、規則正しい生活をして、免疫力アップに努めても、がんになるときはなるのと同じです。

 だからこそ、画像診断を適切な頻度で行うことで、いち早く認知症の「芽」を発見することが重要なのです。これこそ攻めの認知症予防だといえるのではないでしょうか。

とはいえ、一般的な病院でそれを行えば十分かといえば、そうとは言い切れません。前にもいいましたように、認知症の検査で脳PET検査を行っている医療機関は、極めて少ないのが現状で、一般には保険適用範囲内の検査しか行っていません。

 また、脳PET(FDG-PET)検査では、解剖学的標準化された脳画像からデータ抽出を行い、正常データベースと比較して統計解析(3D-SSP解析)を行う必要がありますが、そのシステムを有していないため、検査ができないという医療機関がほとんどです。

 診断機器の性能は日々進歩していますが、現実には、最先端の画像診断機器を導入している施設は、それほど多くはないのです。

 しかし、よい医療を提供するためには、設備機器の整備も重要であることはいうまでもありません。

みなさんも医療機関を選択する際には、このように設備機器が整っているかどうかも重要なポイントとして判断してみてください。

 

実践① 症状が出る前に、40~50代から脳の検査する

 MCIは、日常生活に支障がなく、全般的な認知機能も保たれているが、本人または家族から見てもの忘れの訴えがあり、客観的にも記憶障害があるといった状態ですが、脳PET検査は、理想的にはこうした症状が出現する前から適切な頻度で行うことが望まれます。

 つまり、がん検診と同じように、一定年齢(50歳代くらい)になったら、脳の検査も必要だということです。

 

実践② 運動で脳の働きを活性化する

最近の研究では、「運動」と「睡眠」が、アルツハイマー病の進行を防いだり、予防につながる、という報告があります。

 例えば、アルツハイマー病になると、脳の中央に位置する海馬が、加速度的に縮小していきますが、運動することによって、その海馬が大きくなることが確認されています。

 また、海馬の萎縮や神経伝達組織の機能低下は、先述したように、アミロイドβやタウといったタンパク質が脳に蓄積したり、過剰なリン酸化によって起こると考えられていますが、運動をするとアミロイドβを分解するネプリライシンという酵素が活性化されて、アミロイドβの蓄積を防ぐと報告されています。

 

実践③ 質のよい睡眠で脳内老廃物の排出を促す

運動と並んで、アルツハイマー病の予防に効果があると考えられているのが、睡眠です。

 では、いったい、睡眠とアルツハイマー病との間に、どのような関係があるのでしょうか。

 睡眠中の脳内では、記憶の定着・整理をはじめ、トリプトファン(アミノ酸の一種)などの脳に必要な成分を取り込むなど、人間の体にとって必要不可欠な働きが行われています。そうした脳の活動のひとつに、老廃物の排出があります。

 日中の活動で生じた脳の老廃物は、脳脊髄液が循環して回収していますが、その老廃物の1つがアルツハイマー病で蓄積が確認されているアミロイドβです。ですから質のよい睡眠をとらないと、アミロイドβが脳の中に溜まりやすくなってしまい、アルツハイマー病の発症を促進したり、より悪化させてしまうことになると考えられます。

 これについて、睡眠とアルツハイマー病との関係を研究するアメリカのワシントン大学の研究グループは、睡眠効率の悪い人は、最大で5倍以上も、初期のアルツハイマー病になる可能性が高いと指摘しています。

 一般に、高齢になるほど、睡眠の質が低下しますが、睡眠の質を改善することが、アルツハイマー病を遠ざけるうえでも、とても重要だということです。

 ちなみに、アメリカなどでは15〜20分の昼寝(仮眠)をパワーナップといい、職場でも昼休みにとるよう奨励しているケースがありますが、30分以内の昼寝はアルツハイマー病予防に効果があるという報告もあることから、昼寝を習慣化するのもいいかもしれません。

 

実践④ インスリン値を正常に保つ生活をおくる

もう一つ、近年注目されているのが、アルツハイマー病と糖尿病の関係です。

 糖尿病は、Ⅰ型糖尿病、Ⅱ型糖尿病、その他の特定の機序、疾患による糖尿病、妊娠糖尿病の四つに分類(成因分類)されますが、ここでいう糖尿病とは生活習慣などを原因とするⅡ型糖尿病のことです。その糖尿病が、アルツハイマー病の原因のひとつではないか、あるいは症状を悪化させているのではないか、と考えられているのです。

 例えば、九州大学環境医学分野の研究チームは、福岡県久山町の住民の健康状態を1961年から調査(久山町研究)し続けていて、その調査によると、糖尿病やその予備軍ともいえる耐糖能異常の人がアルツハイマー病を発症するリスクは、健康な人の4.6倍にものぼるという結果が出ています。

 糖尿病が、なぜアルツハイマー病の原因のひとつになるのかということは、まだわかっていませんが、高血糖による酸化ストレスの増加や、インスリン分解酵素の活性低下によるアミロイドβの蓄積などが指摘されています。ことに最近の研究からは、インスリンの関与が重要視されていて、インスリンによってアルツハイマー病を改善させようという研究が進められています。

 

 インスリンは、血液中のブドウ糖が細胞に入り込み、エネルギー源として利用されるための橋渡しをしているホルモンです。

 私たちの体が、血液中のブドウ糖を燃料にして活動していることは、ご承知のとおりです。普段の食事からとったブドウ糖が、血液中に溶け込んで全身に運ばれることでエネルギーとして働き、私たちの脳や筋肉、内臓が動いて生命が維持されるしくみになっているのです。

 この血液中のブドウ糖が「血糖」で、血糖の量は、食事のほか、さまざまな原因によって変動しますが、それをうまくコントロールしているのがインスリンです。

 つまり、血液中のブドウ糖が増える(血糖値が上昇する)と、インスリンの分泌量が増えて、血糖値を下げます。

 健康な人なら、このインスリンの働きによって、血糖の量は常に一定の範囲で保たれています。しかし、何らかの理由でインスリンがうまく分泌できない、分泌されてもうまく働くことができない状態が続くと、血糖の量が増えすぎて、尿と一緒にブドウ糖が排出されてしまいます。この高血糖が長く続く状態が、糖尿病です。

 

 必要がなくなったインスリンは、インスリン分解酵素の働きで分解されますが、そのインスリン分解酵素は、実は脳内のアミロイドβの分解もしているのです。

 ところが、糖尿病の人や、慢性的にインスリンが多すぎる状態になるような生活をしていると、インスリン分解酵素はインスリンを分解するだけで手一杯になり、アミロイドβの分解がおろそかになってきます。

 こうした状態が続けば、分解されないままのアミロイドβは脳内にどんどん溜まっていき、やがてアルツハイマー病に進展する可能性があるというわけです。

 このことから、脳内のインスリン値を正常にすることで、アミロイドβから脳を守り、脳内の伝達や記憶力の形成も向上することができると考えられています。そして、インスリン抵抗性の治療法をアルツハイマー病治療に転用できる可能性があるとし、すでにアメリカではその臨床試験が行われ、インスリンを投与したグループでは、記憶力の向上、さらに脳機能の活性を示す糖代謝の改善もみられた、という結果が出ています。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。